輸入バナナも怖い!ポストハーベスト農薬とは?

ポストハーベスト農薬というものをご存知でしょうか。
名前はよく聞くけれど、どういったものかはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

ポストハーベスト農薬は、普通に使われる農薬よりも怖い農薬なのです。
今回はそんなポストハーベスト農薬の恐ろしさについてご紹介しましょう。

ポストハーベスト農薬とは?

農薬といえば、除草剤や虫がつかないようにするために畑にまいたりするものというイメージがありますね。
しかし、ポストハーベスト農薬というものは、収穫後にカビが生えたりしないように直接作物にかける農薬のことなのです。

なぜそのようなことをしなければならないのか?

それは果実や野菜を輸出する時、どうしても収穫してから時間をかけて運搬されますね。
そうなると運搬途中で虫に食べられたり、カビが生えたりしてしまいます。

そうなると品質が悪くなり、売り物にならなくなったり、値段が下がってしまったりします。
そして、万が一そういった作物を食べてしまった消費者が食中毒を起こしてしまうと大問題になります。

そういう問題が起こらないように使われるのがポストハーベスト農薬なのです。

ポストハーベスト農薬の怖さ

ポストハーベスト農薬は、輸入されたバナナやりんご、レモン、オレンジなどに使用されているというのは有名ですね。
バナナやリンゴの皮に直接農薬がかけられているのです。

それに気づくと、バナナをむいた手を子どもが口に入れてしまったら・・・と考えるだけでも怖くないですか?

しかもポストハーベスト農薬は直接作物にかけるというのに、畑で使われる農薬の数百倍もの濃度で使われているのです。
その農薬は皮だけではなく、実の中にまで浸透する可能性があるとも言われているので、皮をむいたから大丈夫というわけにはいかないのです。

昔、ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤のせいで奇形の赤ちゃんがたくさん生まれた話は有名ですね。
その枯葉剤と同じものが、スーパーなどで売られている輸入されたレモンなどの柑橘系果物にかけられています。

今は「防カビ剤OPP TBZ 2.4-D」を使用しているといったPOPがつけられているのをよく見かけるようになりました。

このような輸入レモンやオレンジなどで皮を使用したマーマレードなどを作るということは自殺行為なのです。
さらに、市販のマーマレードなどは輸入された果物を使っているでしょう。
カフェなどでレモンティーを注文すると輪切りのレモンが出てきますが、大抵は外国産です。

そんなレモンを紅茶に入れるとダイレクトに枯葉剤を飲むことになってしまいます。
特に妊婦さんは、外食などでレモンが出てきても摂取しないほうがよいでしょう。
ジャムは国産のものを買うか、皮がついていないマーマレードなど以外を購入したほうがよいですね。

果実だけではありません。
輸入された小麦粉などもポストハーベストに汚染されています。

小麦粉は特に国産のものは少ないのです。
小麦粉に使われるポストハーベスト農薬(マラチオン)には精子を減らす環境ホルモンが含まれています。
要するに男性不妊の原因となります。

男性は特にラーメンが好きですよね。
国産の小麦を使ったラーメンやさんはほとんどないでしょう。
カップラーメンに至っては絶対に輸入小麦が使われているでしょう。

一人暮らしの男性であれば、朝食に菓子パンなどを食べたりする人もいるでしょう。
市販のパンはほぼ輸入小麦です。

知ることが大切

知ってしまうと食べられるものなどなくなってしまう・・・と思ってしまいますが、知っているのと知らないのとでは大違いです。
できるだけそういった食べ物を避けることで将来の病気などを少しでも防げるのではないかと思います。

ポストハーベストフリーのバナナを売っているところもあります。
国産小麦を使ったパン屋さんも最近は増えています。

もちろんそういった食材は高いですが、今まで食べていた回数を減らして、時々そういう安全なものを買って食べるのがよいのではないかと思います。

せめて子どもたちには輸入作物は食べさせたくないものですね。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ