子供がアレルギーになりやすい食べ物リスト

子供に食べ物を与える際に気を付けてほしいのがアレルギーですよね。

以前と比較して、子供のアレルギー症状が増えていと言われています。
子供のアレルギーを引き起こす食品にはどの様なものがあるのでしょうか。

こんな食べ物までアレルギーの原因?

家庭でよく食卓に上る食べ物にアレルギーの要因になると物が含まれています。

現在、日本において特定原材料として定められている物は、小麦、エビ、カニ、蕎麦、落花生、乳の7品目は表示が義務付けられています。
その他、任意での表記を勧める食べ物として、海産物ではあわび、イカ、イクラ、サケ、サバ。お肉類で牛肉、鶏肉、豚肉。
ナッツ類では、カシューナッツにクルミ。

大豆やゴマ、マツタケ、山芋も。子供の大好きなフルーツでは桃、オレンジ、リンゴ、キウイフルーツ、ゼラチンの二十品目が挙げられています。
年々、義務付けられている食べ物や表記推奨の食べ物が増えてきています。

少しお腹がすいて子供におやつをあげる時にもアレルギーの有無は確認が必要で、子供の食べ物には気を付けないといけないことがよく分かります。

ふとした事でアレルギー反応が

親は気を付けて食べ物を与えていたつもりでも、ふとした物に少量含まれていただけでもアレルギーを引き起こす事もあるようです。
食べ物を調理する過程で、同じ場所で蕎麦を調理していただけで、蕎麦を食べていなくてもアレルギーを引き起こす例もあるようです。

人それぞれではあるようですが、小さい子供の食べ物によるアレルギーは、除去食を行うと子供の成長と共に緩和される事もあるそうです。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ