マーガリンは食べるプラスチック!?体に悪いトランス脂肪酸って何?

ひと昔前までは、マーガリンは植物性の油で作られているので、動物性油脂のバターに比べるとヘルシーだ思われていました。

しかし、実はマーガリンにはトランス脂肪酸という危険な物質が入っているのです。

このトランス脂肪酸は日本では規制などありませんが、アメリカなど欧米では厳しく規制されている危険な物質なのです。

そんなマーガリンとトランス脂肪酸についてお話ししたいと思います。

食べるプラスチック!?トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸はマーガリンや、ショートニングなどの植物油に含まれています。

植物油に水素を添加して人工的に作り出されたものです。

そして恐ろしいことにこのトランス脂肪酸というものは、元素記号で表すと、あのプラスチックの分子構造とほぼ同じ構造なのです。

それを否定する人たちもいますが、バターとマーガリンを並べてアリの巣の近くに置いてみてください。

アリはバターには群がりますが、マーガリンには見向きもしません。

食べ物ではないときちんと認識しているからです。

一説ではゴキブリやねずみですら食べないというのですから、人間がどれだけ鈍感かということがよくわかります。

トランス脂肪酸が使われる理由は賞味期限を延ばしたり、味を安定させたりするためです。

ですので、市販のお菓子やパン、スナック類を揚げる油などに使われるのです。

もちろんバターや真っ当な作られ方をした植物油に比べると安価なので、大量生産されている安価なお菓子には打ってつけの油なのです。

しかし、このトランス脂肪酸を摂取すると「悪玉コレステロール」が増え、心臓病、ガン、脳卒中、不妊、認知症、アレルギーなど様々な病気の原因になるのです。

ですので、オランダやデンマークなどを初め、ヨーロッパの各国では、すでに使用が禁止されているのです。

もちろんこれらの禁止されている国では、大量生産されているお菓子やパンにもトランス脂肪酸が入っていません。

さらに、最近日本に進出してきた某ドーナツチェーンはそれらのトランス脂肪酸を禁止している国では展開できないというほどなのです。

日本では野放しなトランス脂肪酸

日本はトランス脂肪酸が危険という認識は一部の人にしかなく、国も全く規制せず野放しなため、外食産業はトランス脂肪酸だらけです。

もちろん、スーパーなどではマーガリンやショートニングは普通に買えますし、バターよりも安価なため、ついついマーガリンを買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

当然大手メーカーのパンやお菓子には使われ放題です。

しかも大手パンメーカーの商品には「バターロール」と書かれているのに、バターなど一切入っておらず普通にマーガリンが入っているという詐欺まがいな商品もよく見かけます。

日本は何かと権威に弱い国ですので、欧米などのように厳しく規制するという手段をとることで、それに関係する大手企業からの反発が怖いのでしょうか。

危険ということは上層部ではわかっているはずなのに、規制しないのです。

トランス脂肪酸を避けるには

スーパーなどで売られているから、みんな買っているから大丈夫・・・などとは思ってはいけません。

日本では、海外で禁止されているような危険なものを知っているのに野放しにしている無責任な国です。

そんな国に住んでいる以上、自分たちの体は自分たちで守る術を身に着けなければなりません。

知識がない状態で、何かの病気になったとしてもその原因が何なのかも理解できませんよね。

突然ガンや心筋梗塞などになっても、知識がなく、マーガリンなどを取り続けていたとしたら、まさかマーガリンが原因だなんて気づきもしませんよね。

原因はトランス脂肪酸だけではないにしても、病気の原因になるものを知って、避けるとまた違った結果が出るのかもしれません。

そのトランス脂肪酸を避けるには、トランス脂肪酸が入っている食品を見分けることです。

まず外食などで、使われる揚げ油など(フライドポテトなど)にはほぼトランス脂肪酸入りの油が使われていることでしょう。

大手企業のスナック菓子(ポテトチップスなど)、パン、ケーキなど。

マーガリンやショートニングに限らず、ほかの油であったとしても大手企業で使われている油はトランス脂肪酸入りだと認識したほうがよさそうです。

そうなると、食べるものがなくなってしまう!!と言う方が現れます。

確かにそうです。

この日本で売られている大手企業のものはほとんど危険ということになってしまいますね。

でも、この情報を知っているのと知っていないのでは全然違います。

外食したり、市販のお菓子を買うとどうしても避けられませんが、そういったものを食べてしまったということがわかっていれば、昨日外食で悪いものを摂ってしまったから、しばらくは控えようというような対策はできます。

また、食品表示を見て、少しでもましな材料を使ったものを買ったり、ホームベーカリーを買って手作りのパンを食べたりなど。

工夫はいくらでもできます。

避けるのは無理なんだから仕方がないと割り切るのではなく、できるところから少しずつ変えていけばいいのです。

日本では、まだまだトランス脂肪酸の規制などは期待できません。

少しずつでも、トランス脂肪酸の摂取を控えるようにして、家族の健康を守りたいものですね。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ