無添加表示はウソ!食品添加物のキャリーオーバーとは?

最近は、健康に気遣う人が増えてきたからか、「無添加」という言葉が添えられた商品が増えてきました。
しかし、本当に添加物が無添加なのでしょうか。

そして、無添加表示のカラクリのキーワードとして食品添加物のキャリーオーバーがあります。
無添加表示の仕組みと添加物のキャリーオーバーについてお話ししましょう。

無添加表示のカラクリとは?

食品のパッケージに書かれている表示を見て買い物される方が多くなってきました。
そして、そういう健康志向の方が増え添加物に敏感な方が増えてきたので、商品の全面に「無添加」と書かれた商品が増えてきました。

しかし、その無添加表示はほとんどがウソなのです。
なぜウソなのに無添加と表示できるのでしょう。

それは、食品の最終製造工程で使ったものだけを書くことになっているからです。
要するに、下請け工場などで作られた原料に食品添加物が使われていても表示しなくてもよいのです。

そういった食品添加物のことをキャリーオーバーと呼びます。

キャリーオーバーは原料の中には含まれているものの、食品そのものには微量で影響がないという判断から表示を免除される添加物のことを言います。

ですから、大手企業のほとんどの「無添加」表示は怪しさ極まりないのです。
キャリーオーバーは微量だとしても、体にまったく影響がないかどうかなど保証されているものではありません。

もし、何か体に影響があったとしても、そのウソの無添加を信じている限り、それが原因であったとしても気づかないことでしょう。

無添加表示にだまされないために

無添加表示にだまされない方法は、加工品を買わないことが一番ですが、なかなかそういうわけにもいきませんね。
私は出来る限り、自分で作れるものは作るように努力していますが、限界があります。

どうしてもキャリーオーバーが気になるものは、信頼のできるお店で買うことです。
豆腐なら豆腐屋さん、パンならパン屋さんなど。

○○屋さんというものがないものであれば、そういった安全なものを取り扱っている自然食品のお店に行けば安全なものがそろいます。

私は自然食品のお店と、安全なものを取り扱っている食材の宅配サービスを利用しています。
そこで売られているものは、醤油であれば、小麦や大豆の生産地、農薬使用の有無などもきちんとわかっているような商品が扱われているので安心です。

もちろん、そういった食品ばかり買っていると食費が大変なことになるので、ある程度のものは妥協しているところもあります。
でも妥協しつつも、製品の裏側の表示を見て、キャリーオーバーがなさそうでましなものを選ぶようにしています。

まとめ

特に体の小さな子どもたちにとって、添加物はとても影響のあるものです。
キャリーオーバーで微量だとはいえ、できるだけ避けたいものです。

原材料自体が加工品でないものを選ぶこと、これがキャリーオーバーではないものを選ぶポイントです。
原材料の表示を見る習慣をつけておけば、安全なものを選ぶ目も養われます。

家族の健康のためにより安全なものを選びたいですね。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ