農薬より野菜の硝酸イオン濃度に気をつけて!

野菜を買う時に農薬のことを気にされる方は多くなってきました。
しかし、農薬より危険な毒が野菜に含まれているのはご存知でしょうか。

農薬がかかった野菜を食べて中毒を起こしたという事故はありませんが、野菜に多量に含まれていた硝酸イオンによって乳児が死亡する事故が実際に起こっています。
その硝酸イオンの危険性と対策についてまとめてみました。

硝酸イオンとは?

硝酸イオンは窒素と酸素でできていて、大気中や水、土、植物、人間、動物の体内などどこにでも存在する物質です。
硝酸イオン自体に毒性はありませんが、人間の体内に入ると亜硝酸へ変化することがあります。

硝酸イオンは特に肥料で育てられた野菜に多く含まれています。
野菜を立派に育てるためには肥料が必要です。
特に大量に生産しなければならない農家の方には必須のアイテムでしょう。

その肥料には窒素とリンとカリウムが大切です。
特に窒素は葉の生育には欠かせない物質なので特に葉物野菜を育てる時には多めに入れられます。
必然的に不自然に多量の硝酸イオンが含まれた野菜を人間は食べることになりますね。

そして、その窒素は日光の光合成により、炭水化物、アミノ酸、たんぱく質へと変化させていきます。
しかし、ハウス栽培のものなど、光合成が十分にできない栽培方法で育てられた野菜は窒素肥料の成分を使いきれずに蓄積されるのです。

硝酸イオンの危険性

先ほど硝酸イオン自体に毒性はないと述べましたが、ある条件がそろうと硝酸イオンはとても危険な物質になってしまうのです。
硝酸イオンが含まれた野菜を食べると、亜硝酸に変化することがあります。
硝酸イオンは胃酸に弱いので健康な大人であれば大した害はないとも言われています。

しかし、乳児やお年寄りなどは胃液の分泌が十分でないことがあります。
そのため、乳児やお年寄りは胃酸の分泌が少ないので、亜硝酸に変化する可能性が高くなります。

亜硝酸に変化してしまった場合、魚や肉などに含まれる別の物質と結びつくことで発がん性物質が生成されるといわれています。
さらにはこの物質がインスリンの働きを邪魔することで糖尿病につながる恐れもあるといわれています。

特に日本ではこの硝酸イオンの規制がないので、他の国の基準よりもはるかに高い数値になっています。

1950年代から1965年にかけて、アメリカで裏ごししたほうれん草を離乳食として与えられた赤ちゃんが真っ青になり、30分以内に死亡するという事件が多数起こりました。
ブルーベビー症候群と呼ばれていたほどです。
270名が中毒症状を起こし、39名が死亡するという恐ろしい事故でした。

その後もわかっているだけでも160名の乳幼児が死亡しているという恐ろしいデータがあります。
特に乳幼児に葉物野菜を食べさせることには気をつけたいものですね。

どうすれば硝酸イオンを避けられる?

無農薬野菜や有機栽培の野菜だから大丈夫というわけではありません。
有機栽培でも何らかの肥料は与えていることが多いのです。

幸いなことに、今は自然食ブームということもあり、肥料を一切使わずに育てる自然農の農家が増えてきました。
中には雑草と一緒に育てることで生命力が上がると、雑草と混在させて農作物を育てている方もいます。

そういった野菜は高いですが、それだけ生産者が時間と手間をかけています。
肥料をやらないとなると、肥料を使用した場合に比べると成長が遅くなるからです。

しかし、農作物の成長は元々は時間のかかるものなのです。
肥料をやることで生産性をアップさせるという目的で早く育てられているということが当たり前になってしまい、野菜は安いのが当たり前と思ってしまいがちですね。

農薬も気になりますが、できるだけ肥料を使わずに育てた野菜を摂ることで、硝酸イオンを避けるようにしましょう。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ