自然栽培と有機栽培の違いとは?

最近、野菜などの農薬などに気をつかう人が増えてきて、スーパーなどで売られている野菜でも有機栽培と表示されているものもありますね。
有機栽培などについて調べていると自然栽培という言葉も目立ちます。

この「有機栽培」と「自然栽培」、同じだと思っている方は多いのではないでしょうか。
また、何かが違うのだろうと思っていても、実際にどう違うのかを知っている人は少ないと思います。

有機栽培と自然栽培は全然違うのです。
その違いについてまとめてみました。

有機栽培とは?

有機栽培とは有機JAS法に基づいて栽培された作物のことで、化学肥料や農薬を使用せず、有機肥料を使って栽培します。
また、肥料のことだけではなく、種苗の入手方法や栽培方法、収穫、保管、包装、輸送などの工程をきちんと記録し、管理されています。

さらに、ほ場周辺の環境などにも厳しく規制されており、周辺にゴルフ場などがあれば、ゴルフ場の農薬による汚染が懸念されます。
そういった周辺で使われる農薬なども厳しくチェックされています。
そういった点では、有機栽培はとても安心できるものですね。

しかし、有機栽培の危険性が指摘される点として、肥料です。
有機栽培で使用される肥料といえば、牛糞堆肥や鶏糞などを使っているというイメージで、この牛糞などに含まれる牛などが摂取した抗生物質などが心配されることが多いですね。
でも実際は有機JASで推奨されている肥料は、有機JASで認定された畑で取れた野菜などの残さや植物の残さです。

ただ、例外があり、悪天候などで作物の生育が悪い時など、やむを得ない場合に使用してもよい肥料の中に牛糞などが含まれています。
もし、そのやむを得ない場合に使われた牛糞などの堆肥を使っている場合は、農薬などを使って育った野菜よりはましですが、あまりよくないですね。

自然栽培とは?

では、自然栽培とは農薬はもちろん、肥料も使わない農法のことです。
さらに、耕さず、除草せず、雑草と共存させて作物を育てる人もいます。
こうして育った作物を自然栽培といいます。

肥料も農薬も使わず育ち、さらに雑草と共存して育った作物はとても生命力が強く、体にもよいと言われています。
ただ、有機栽培とは違い、第三者からの認定や厳しい規定などはなく、生産者のこだわりのみです。
ですので、自然栽培のものを購入する際は、その生産者がどれだけこだわっているか、その畑がどんな場所にあるかなどを見極めて消費者が責任をもって選ぶことが必要ですね。

まとめ

私自身、有機栽培というものは、牛糞など、動物の堆肥を使っているものであると思い込んでいて、よくないイメージを持っていました。
もちろん、農薬や化学肥料を使った作物よりはましなので、二つ並んでいてどちらを買うかといえば有機栽培の方を選択しますが・・・。

ただ、やはり、牛糞などの堆肥を使っているという可能性がある限り、できるだけ自然栽培に近いものを選ぶほうがよさそうですね。
食品の宅配会社によっては、有機栽培でも動物性の堆肥を使っていないということが分かっているもののみを販売している会社もあります。
自然栽培のものを扱っているところもあります。

もちろん、そういったこだわりの食材は高額です。
すべて自然栽培のものにこだわってしまうと食費が高額になってしまいます。
ご自分がどこまでこだわるかということを考えながら、よい食品を選びたいものですね。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ