ヨーグルトより良い日本の発酵食品の力

発酵食品といえば、ヨーグルトを思いつく方は多いと思います。
発酵している乳酸菌は体によいと言われています。 

でも、発酵食品はヨーグルトだけではありません。
特に日本人にはヨーグルトの乳酸菌よりも日本独自の発酵食品からできる発酵菌が一番体に合っているというのはご存知でしょうか。
それは、日本人の腸が長いことに関係しています。

そんな日本人にぴったりな日本の発酵食品の力についてまとめてみました。

日本の発酵食品とは?

では、日本の発酵食品には何があるのでしょうか。
発酵菌は乳酸菌だけではありません。
発酵菌には納豆菌、麹菌、酵母などがあります。

納豆、漬物、味噌などが有名ですね。
他に、醤油や酢、甘酒、塩麹や、かつお節、くさややなれずしなども発酵食品です。

植物性乳酸菌の力

乳酸菌には動物性と植物性のものがあります。
動物性の乳酸菌はヨーグルトなどに含まれていますね。
ヨーグルトを食べると腸内環境がよくなるというのは有名で、実際ヨーグルトを食べると便通がよくなったりしますね。

しかし、動物性の乳酸菌よりも植物性の乳酸菌の方がさらによいのです。
動物性乳酸菌が分解できるのは乳糖のみなのに対し、植物性乳酸菌はブドウ糖やショ糖、果糖、麦芽糖などの多くの糖を分解してくれます。
さらに植物性乳酸菌は、微生物と共存することができる上に、栄養が少ない過酷な環境でも生存することできるため、植物性乳酸菌は腸内で生息できるのです。

そして、乳酸菌が含まれる1g当たりの量もヨーグルトなどの発酵乳が1億個なのに対し、漬物などに含まれる乳酸菌は10億個と桁が違うのです。
そのため、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌であるヨーグルトよりも強力なのです。

なぜ植物性乳酸菌が日本人にいいの?

日本人は欧米人に比べると胴長短足ですね。
そのわけは、古来から日本人が穀物中心の食生活をしてきたことにあります。
繊維質の多い穀物や植物は腸の中でゆっくり消化させなければならないため、腸が長いのです。
だから、胴が長いのです。

だからこそ、日本人には腸の中まで届く植物性乳酸菌がよく合うのですね。

乳酸菌の健康効果

乳酸菌の健康効果は便通をよくするだけではありません。
腸内の有害菌を排除する効果は食中毒予防になります。

さらに腸は免疫システムにも関係があることがわかってきています。
腸内環境を整えることで、アレルギーや生活習慣病の予防にもなります。

実際、乳酸菌によって花粉症が軽減されたり、インフルエンザ予防になったりという効果も実証されていますね。

日本の発酵食品を摂りましょう

日本人には特に植物性発酵食品が一番合っています。
もちろんヨーグルトなども美味しいですし、嗜好品として楽しむのもよいですが、毎日の食生活にぬか漬けなどの良質な発酵食品を摂ることでさらに健康効果が高まります。

日本の食品にはたくさんの発酵食品があります。
それらを積極的に摂って免疫力を高めて強い体を作りたいものですね、

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ