モンサントの除草剤が危険なことに気づかない日本人

モンサントという会社をご存知ですか?
名前だけ聞くと自分には全く関係ないと思われる方は多いと思います。
でも、このモンサント、あなたの食生活に大きく関わっています。

そして、その除草剤はとても危険なのです。
そんなモンサントの除草剤についてまとめてみました。

モンサントって何?

モンサントというのはアメリカに本社がある会社の名前で、除草剤を作っています。
そして、その除草剤に耐性のある遺伝子組み換えの種子も開発し、販売しています。
この除草剤と遺伝子組み換え種子をセットで販売し、大もうけしています。

アメリカの会社とはいえ、モンサントの種と除草剤は世界中で使用され、逆に古来からある固定種の農作物はなかなか手に入らないというのが現状です。
本来は植物の種というのは花が咲いて、実ができたあとは種が取れて、その種を栽培するとまた同じ作物が作れますよね。
でもモンサントの種は、それができないのです。

1代限りの種です。
ですから、農家は毎年その種を買い続けなければなりません。
簡単に言うとそうやって大もうけしているという企業です。

モンサントの除草剤の危険性

モンサントの除草剤がなぜ危険なのか。
それは猛毒のため、海外では使用禁止になっている地域もあるほどなのに、日本では普通にホームセンターで誰でも買えるほどポピュラーな除草剤です。
しかも残念なことに販売者はJA、農協です。

商品名はラウンドアップ。
テレビCMでも流れていたことがあるので、知っている方も多いはずです。

その除草剤の危険性は、恐ろしいことに、発がん性や喘息、奇形児の原因にもなります。
あの有名な枯葉剤を作ったのもモンサントです。
奇形の原因になるというのもうなづけますよね。

マウスでの実験では思春期の時期にラウンドアップを摂取してしまうと、生殖障害を起こす可能性や、染色体の異変、DNAの損傷などの危険性があるということがわかっています。

さらに、ラウンドアップを使用している地域では、非ホジキンリンパ腫というリンパのガンがラウンドアップの使用量と比例して増加しているというデータもあるようです。
モンサント社はラウンドアップを安全だと言っていますが、ラウンドアップを使用していない農場での実験データを元にしているそうです。
実験の意味がわかりませんね。

そしてそのラウンドアップは、先にも述べましたが日本のホームセンターで誰でも購入でき、除草剤の売り上げはトップです。
それほど、日本では危機感なく普通に使用されています。

まとめ

スーパーなどで売られている農産物のほとんどに除草剤などの農薬が使われています。
除草剤だけでなく、モンサントの遺伝子組み換えの一代限りの種ももちろん使われています。
一代限りの種ということは子孫を残せません。

そういったものを毎日のように食べさせられている日本人。
そのうち、人間も子孫を残せなくなってくるかもしれません。
現に不妊症の人が増えています。

原因はこれだけではないかもしれませんが、除草剤、遺伝子組み換えの種や種無しの果物など、様々な要因のうちのひとつのような気がしてなりません。
できるだけそういったものを避けていきたいものですね。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ