ダイエットコーラは危険!甘味料に注意!

ダイエットコーラは砂糖が入っていなくてカロリーが0だからヘルシーだしダイエットや糖尿病の人にぴったり!!なんて思っていませんか?

でも、ダイエット○○やノンシュガーという商品は、砂糖が入っていなかったり、カロリーが0なのに、なぜか甘いんです。
その甘さの正体が危険なのはご存知でしょうか。

ダイエットコーラはカロリー0なのになぜ甘い?

ダイエットコーラは、カロリーがないので、ダイエットにいいと思われていますね。
名前にダイエットなどとついているのですから、ダイエットしたい人は飛びつきますよね。
ダイエットしていなくても、コーラが大好きだけどカロリーが気になる人はたくさんおられることでしょう。

ダイエットコーラの甘さの秘密は人工甘味料です。
この人工甘味料が人間の体にとって危険なのです。
人工甘味料はコカコーラの原材料のところにも書かれていますが、アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロースです。

これらの人工甘味料は砂糖の何倍も甘いという性質があり、企業はこれらを使うことにより、甘味料の使用が少なくて済むのでコストダウンというメリットがあります。
アスパルテームに至っては砂糖の200倍もの甘さがあります。
ということは砂糖の1/200の量で済むのでかなりのコストダウンになります。

しかし、人工甘味料の中には苦味を感じるものもあるため、多数の甘味料と併用することで、味をごまかしているようです。
甘味料を併用している商品が多いのはそのためなのです。
実際、ダイエットコーラが出始めた時は、コーラ好きな友人が、「あれはまずい」と言っていました。

最近はダイエットコーラだけど美味しいというのを売りにしていますよね。
人工甘味料を使ってまずかったものを美味しくするために、一体どんな危険なものを使ったのかと疑ってしまうのは私だけでしょうか。
大企業の罠にひっかかってはいけません。

人工甘味料が危険!!

ダイエットコーラに使われている人工甘味料はすべて危険です。
コーラ3商品の原料を挙げてみましょう。

コカコーラ:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
コカコーラゼロ:カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン
コカコーラゼロ フリー: カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料

最近販売されたコカコーラゼロ・フリーはカフェイン、保存料、合成香料ゼロというのが謳い文句です。
最近、甘味料が危険と気づく人が増えてきている中、少しでもイメージアップをしてごまかそうという企みが見え隠れしています。

ダイエットコーラに入っているアスパルテーム・L−フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロースの3種類の人工甘味料。
これらはすべて化学化合物です。
プラスチックなどと同じで体内に入ると100%代謝や分解されることはありません。

これらの人工甘味料は、ガンやうつ病、アトピー、アレルギー、肥満、生殖異常などの様々な害を引き起こすといわれています。
また、妊娠中に摂取しすぎると胎児の脳の発達にも影響を及ぼすそうです。

また、ラットの実験では、アスパルテームを与えたマウスの精子の奇形や直進率が増えたという実験もあります。
事実、現在男性不妊は増えています。

私の主人もこういった清涼飲料水などが大好きでよく飲んでいるためか、男性不妊です。
本当に恐ろしいほど奇形や直進率の数値が悪いのです。
飲まないようにと言っても国が安全と言っているなら関係ないと聞く耳を持たないのでどうしようもありませんが・・・。

こういった製品がたくさん溢れているせいで不妊やアレルギー疾患が増えているということに気づかなければいつか人間は滅びるのでしょうね。
こういう添加物を安全だと認めている国が許せません。

ダイエットコーラなのに太る!?

ダイエットコーラは確かにカロリーはゼロです。
ですから、普通のコーラを飲むよりは糖分を摂らないので理論的には太らないということになりますね。
しかし、実はダイエットコーラは太るんです。

しかも、糖分が入っていないから糖尿病の人でも大丈夫と思われがちですが、大間違いなのです。
悪化します。
そして、糖尿病でない人も糖尿病になってしまう危険性があります。

そのカラクリはインスリンです。
砂糖は入っていないけれど、甘味料の甘みがインスリンを大量に分泌させるのです。
このインスリン大量分泌は余分な脂肪を蓄積させるという研究結果があるのです。

さらに、糖尿病患者にとっては致命的な実験結果があります。
ワシントン大学の研究によると、糖尿病ではない肥満者へのブドウ糖負荷試験のあと、スクラロースを飲み、血糖値を測りました。
するとブドウ糖の時よりもインスリンが20%も多く分泌され、血糖値がブドウ糖の時よりも上昇したのです。

ブドウ糖よりも多くインスリンが分泌された上に、その後血糖値も上がりすぎてしまうのです。
ですから、糖尿病でない人でも人工甘味料を摂り過ぎることによって糖尿病を発症する危険性があるので気をつけたいものですね。

最後に・・・

最近はヘルシー志向で、ダイエット○○、ノンシュガー、ノンカロリーなどという食品が流行っていますね。
でも、そういったダイエットによいというような商品ほど危険なのです。

企業のメリットはダイエット関連の商品を出せば客は飛びつく、そして原料は安いから大もうけなんですね。
でも、客のメリットはどうなのでしょう。
肥満になるわ、糖尿病リスクは高まるわ、うつ病や不妊のリスクがあることも知らずにそういったものを消費してしまっているのが現状です。

でも、人工甘味料に限りませんが、こういった添加物が体の不調を招いているということに気づいていない方がほとんどなのです。
偽ヘルシー志向の大企業商品には必ず裏があります。
カタカナの合成成分が入った危険な商品には惑わされないようにしましょう。

↓農薬・放射能除去する凄い水!


→うちもベジセーフ使ってます!


全国対応の野菜宅配会社の中では一番厳しい基準の会社です。
妊婦〜3歳までの子どもがいる家庭は送料無料になります。

らでぃっしゅぼーやは、以下のような方におすすめです。



2位:大地宅配


大地宅配は、以下のような方におすすめです。



関東でもっとも多く利用されている食材宅配です。
安心・安全・リーズナブルで、スーパーと同じ感覚で利用できます。

生協の宅配は、以下のような方におすすめです。



↓農薬が気になる方はこちら

このページの先頭へ